Blogブログ
  • HOME
  • ブログ
  • アクセサリー収納を無印のアクリルケースから変えました

アクセサリー収納を無印のアクリルケースから変えました

こんにちは。広島のライフオーガナイザー®︎山本優子です。

先日、無印良品週間に合わせて、気になっていたアクセサリー収納を変えました。

以前のアクセサリー収納スペースがこちらです。

無印のアクリルケース2段(小さい方幅17.5cm×奥行13cm)に重々しい時計のケース。
その奥にはボックスに入ったブレスレットに付属の袋やケースに入らなかった諸々のアクセサリー。
(下のシェルフには靴下や下着などを収納しています)

私は基本決まったアクセサリーしか身につけないので、決まった場所から取り出し、戻すだけ。そこに関して不便さは無かったのですが、アクリルケースの中にゆとりは無く、後ろに置かれた入りきらなかったアクセサリーが探しづらい、というかもう思い出さない。。
そして、見た目もどうにかもっとスッキリさせたいな、と思っていました。

まずはアクセサリーの見直しをして、いらなくなったものを処分。

いくつか減らすことができましたが、ボリュームのあるものがアクリルケースに収納できないので、収納用品を考え直しです。

アクリルケースの大(幅25.5cm×奥行17cm)を購入しようかと何度か思ったんですけどね。
ちょっと風合いのようなものを足したかったので購入を迷っていたところ、使わずに持っていた無印の竹のボックスを思い出し、入れてみることにしました。

なんだかいい感じになりそうな予感です。

求めていた雰囲気になりそう!と、いうことで
”重なる竹材長方形ボックス”のフタと、小をもう一段、それから”ベロア内箱仕切”を追加購入しました。

結果、ボリュームのあるネックレスも、高さのあるブレスレットも入れることができてスッキリ。


(上段)

(下段)

ちなみに滅多に使用しないネックレスは酸化防止のために小さいジップロックみたいな袋に入れています。

そして、いつも迷うことなくつけるネックレスと時計は上段の左に。
蓋を少しずらすだけでオッケーな場所に収納。

2段にすると思ったより存在感がでましたが、見た目のストレスが減って、今はこのスペースが視界に入るたびにニンマリです^^

関連記事